ヨーガセラピー×食養 『健康の専門家』のサイト

【食養ベーシック】[冬]腎臓・膀胱系−”膀胱炎” その原因は…●●●


雨の日
雨の日

ひきつづき『食養ベーシック』腎・膀胱系のテーマです!

今朝の神戸はシトシトと雨が降っています。
季節の変わり目というのは雨が降りやすい時期でもありますね。
雨の日でも写真のようにトトロが現れるととってもワクワクしますね!

さて以前に“腎と”水“との密接な関係(←こちら)についてお話しました。
私たちの身体や心は外の環境に非常に影響されやすいですね。
今日のような雨の日だと身体の中も水はけが悪く、
むくみやすい状態になっています。

ということで、今回のセッションは“膀胱”のお話です!!

中医学の陰陽五行では『腎・膀胱』はセットになっていますので
膀胱もまた、「水」と深い関係にあります。

中でも女性に多くみられる膀胱炎
何が原因だと思われますか??

現代医学では、膀胱炎の原因は、
細菌感染であり、細菌の感染は、
細菌が、尿道から膀胱に侵入してくることで起こります。
もともと、膀胱内の尿には少量の細菌が存在しており、
また、膀胱は細菌への抵抗力があります。
しかし、疲労やストレスなどで、体力が落ち抵抗力が弱くなると、
細菌に感染しやすくなり、
膀胱内の細菌が増殖することで膀胱炎になります。』
と記されています。

う~ん、なるほど。ストレスによって免疫力が低下し
感染しやすい状態になるということですね。

私も一度だけ膀胱炎にかかったことがあり
そのつらさは痛いくらい理解しています。

陰陽五行では、
なぜ抵抗力が弱くなっているのかというところにフォーカスします。
でないと、根本的解決には至らないからですね。

一番の原因は“冷え”です。
私が膀胱炎を患った時も雪の降るさむ~い冬でした…

では冷えの原因はなんでしょうか?

一つは水分の取りすぎが考えられます。

私たちは意外に冬でも水分を結構取っていることが多いですね。
例えば・・・果物も水分を多く含んでいます。
冬のみかんは定番ですね。

私たちの身体が冷えているのかいないのか、
どうしたらわかるのでしょうか?

一番わかりやすい目安は
お手洗いに行く尿の回数が1日、4~5回だといわれていますね。

驚かれる方多いんじゃないでしょうか。
私もそうでした。

なぜなら、外に出した方がよいとという固定観念があるからですね 笑

実際はそうでないことが解るかと思います。

繰り返すと・・・
水分の過剰摂取 → 冷えを招く → 抵抗力が弱くなる

膀胱炎になると
“水をたっくさん飲みなさい”と言われるお医者様もいらっしゃるそうですね。
このロジックから行くとであることがお分かり頂けるかと思います。

現代医学と東洋医学のお手当て法が
逆さになっているのをなんとなくでもいいので感じ取っていただけると幸いです。

なぜなら、人は理論的に納得していないと行動に移せないからです。

“なんでこうした方がよいのか”
その謎解きができたとき、自分の身体との付き合い方が少しずつわかってくると思います。

では次回は食養の観点から見た膀胱炎の対応策です。
生活の知恵として色んな事に応用できますので是非、お見逃しなく!


Return Top