ヨーガセラピー×食養 『健康の専門家』のサイト

【食養ベーシック】[冬]腎臓・膀胱系−生殖器のお話③その原因は”豆”にあり!


お豆さん
お豆さん

ひきつづき『食養ベーシック』腎・膀胱系(生殖器)をテーマにおおくりしています。

突然ですが、みなさんは『お豆さん』は好きですか??

『豆製品』は高タンパク、低カロリーでとてもヘルシーなイメージがあるかと思います。
・・・というとなんかいや~な予感がしますね 笑

私の食養コンサルの経験上、
なぜか不妊症や子宮、卵巣の病気を持った方が特に
“納豆”や”豆製品”を一生懸命食べていることが解りました。

世間一般では納豆は発酵食品ですしとても身体によいといわれていますね。

ですが実は・・・

お豆の「たんぱく質」はとても固いため
子宮や卵巣を傷つけてしまいます。
悲しいことに不妊症の女性で納豆や豆類が原因となっている方が非常に多いですね。

ですからお豆は必ず『加工食品』を選びます。
お豆腐や湯葉、高野豆腐ですね!
高野豆腐はカルシウムも豊富に含んでいますので
特におすすめです。

では

毎日、『豆乳』を飲んでます!という方がいらっしゃるかもしれません。
これもショッキングなニュースかもしれませんが
肺の病気を持った方にはお勧めしません。

なぜなら

油がとても多く(大豆からは大豆油が取れるくらいですから!)
風邪をひいた場合、咳が止まらないという症状に陥るときがあります

ちなみに肺は油脂類がとても苦手ですね。
風邪のときに出る”痰”は油脂類が原因です。

話を元に戻すと…

豆類のたんぱく質は固いですが、
是非、たんぱく質はしっかりと取ってくださいね。

不眠症の方は特にたんぱく質の摂取が少ない方が多く見受けられます。
たんぱく質は皮膚や髪の毛には不可欠な栄養素です。
ですから適度に毎日食べることをお勧めします!!

ここまで知ると自分の次回はご自身の『腎』は大丈夫なの!?
と心配になる方がいらっしゃるかもしれませんね。

それでは次回はご自身の『腎』が元気なのか弱っているのか、
顔を診て一目でわかる『望診法』をご紹介します。
是非、お楽しみに!!!


Return Top