ヨーガセラピー×食養 『健康の専門家』のサイト

【食養ベーシック】[冬]腎臓・膀胱系−”ホルモンバランス”のお話② ”月”と”女性”


月との共鳴
月との共鳴

ひきつづき『食養ベーシック』腎・膀胱系のテーマです!

前回は“腎”と“ホルモンバランス”についてお届けしました。
今回も女性にとって非常に大切なホルモンバランスについて学びましょう!

写真をご覧ください。
何とも神秘的な印象を受けますね。

女性の身体、内分泌の働きはのリズム
波長共鳴するといわれています。

女性の月経“月のもの”といったり
五臓六腑(ごぞうろっぷ)の名前に“にくづき”がついていることからも
月のエネルギーと人間の身体が密接に関係していることが解ります。

昔は旧暦の1日と15日の新月と満月に
小豆ごはんを食べる習慣がありました。

月のリズムは女性の月経のリズムでもあり
月のエネルギーが高まることから、
この日に小豆を食べると
成長、発育、生殖の体内のリズムが整うといわれています。

小豆に含まれる
イソフラボンや亜鉛、ビタミンCなどが
身体の8割を構成するコラーゲンを活性化させるため
アンチエイジング効果もあります。

ちなみに

小豆も腎を助ける食材であることは言うまでもありませんね!

陰陽五行は生きとし生けるものすべてに密接に関わっています。
そして、私たちの身体はその影響を常に受ける共に
その一部であることが感じられるかと思います。

女性の方は是非、この神秘的な女性のエネルギーを存分に活かしていただければ嬉しく思います!
次回は女性ホルモン乳製品のつながりについてお届けします。
お楽しみに!

Have a great weekend ahead of you… 🙂


Return Top