ヨーガセラピー×食養 『健康の専門家』のサイト

『暮らしの知恵袋【冬】-Vol.2』カイロ術:知ってる?知らない!?


背中のツボ
背中のツボ

前回に引き続き簡単なカイロ術のご紹介です。
今回は『風邪を引いた時のホッカイロの使い方』です。

東洋医学では風邪をひいた時は必ず
風門(ふうもん)肺兪(はいゆ)
温めなさいと言われます。(写真参照)

あとは大腸兪(だいちょうゆ)も効果的です。

この大腸兪(だいちょうゆ)はその名の通り
大腸のツボであります。

なぜ、風邪なのに大腸のツボを温めるの??と思いませんか?

実は・・・

「肺」と「大腸」は密接なかかわりがあるんです。

そして
風邪のときは
至って大腸の働きが弱っています=便秘!!のケースが多いですね。

ですから腸の働きを改善してお通じをよくすることで
風邪の働きも早くなります。

目からうろこですね!

外に行くときは、もちろんカイロで温めるのがいいですが
就寝時に「湯たんぽ」を使って背中を温めるとより改善が早いです。

是非、この寒い冬を乗り越える快適生活術をご活用くださいね!


Return Top